めまい外来


めまい専門外来(神経耳科外来)は、午前の一般外来に来られためまいやふらつきの患者さんのうち、ある程度の期間、専門的な検査を進めたり、治療のために通院を必要とする患者さんを対象とした外来です。

めまいやふらつきは一度の診察では正確な診断ができず、経過中に初めて正しい診断にいたることが少なくありません。また、長期にわたり通院が必要な場合もあります。また、治療についても薬の治療から、理学療法、手術治療、リハビリテーションなど多くの選択肢があります。そこで、一般外来を受診された患者さんで医師が必要と判断した場合やめまい・ふらつきについて精密な診断を希望される方を対象に、毎週火曜日午後1時半から専門医師による診察を行っております。なお、当科では赤外線フレンツェル眼鏡による診察を行っております。めまいを起こしているときは眼球が異常な動きをしていることがあり(これを眼振と言います)必要に応じて記録し、患者さんにお見せしています。

【眼振動画】

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

めまい外来受診前のお願い

一般外来からめまい外来を紹介される際に、体のバランスの検査、眼球運動の検査など専門的な検査の予約をとります。その検査の後、専門外来受診となります。 専門外来では次のような流れで診察が行われます。

1.めまいの問診

めまいの診断に最も大切な物の一つは、患者さんのお話です。めまい専門外来受診に当たってはめまいを起こしたときの状況を細かく伺います。

いつ(歩いてるとき、上を向いたとき、横になったとき、仕事中など)
どのようなめまいが起こり(ぐるぐる回った、ふわふわした、など)
どのように経過したか(1,2分で治まった、数日間グルグル回ったなど)
他の症状(耳鳴り、難聴、頭痛、体のしびれや麻痺、物が二重に見えた、など)等を詳しくお聴きします。あらかじめ、めまいがおきたときのことを思い出し、記憶をよく整理しておいて下さい。

なお当院は教育病院であり、東京医科歯科大学医学部学生がはじめにお話を伺ったり、簡単な診察をさせていただくことがあります。医学教育にご協力をお願いします。

2.めまい検査とその説明

必要に応じて専門外来でも診察、検査を行い、全ての検査結果から患者さんのめまい・ふらつきの病態について検討し、必要に応じてさらに追加の検査や治療を行います。なお、検査結果については外来終了後のカンファレンス(医師による症例検討会)を行い、詳細な検討を行います。

代表的疾患と治療法

良性発作性頭位めまい症

良性発作性頭位めまい症はめまい疾患の中で最もよくみられるものです。寝返りを打ったり、起きあがろうとするときなど、頭の位置を動かしたときにグルグルと目が回ります。通常、めまいは数十秒間以内に消失し、吐き気・嘔吐を伴うことはありますが、聞こえが悪くなったり、意識や言葉、運動の障害を伴うことはありません。

耳の奥には前庭と三半規管というバランスを取る器官があります。前庭という部位に存在する耳石という小さな結晶が三半規管に入り込み、頭の位置を変えるときに半規管を刺激して、めまいが起こると考えられています。またこの病気は3つの半規管のどれ原因か、半規管のどの部分に石が入り込んでいるかによって病気の症状が異なります。

治療はめまい止めの薬を服用するほか、理学療法が有効です。これは目の動きを観察しながら、頭をゆっくりと回転させて耳石をもとの場所に戻してやる方法です。数分間でできる治療です。半規管のどこに石があるかによって治療方法が異なるため、当専門外来では適切な診断を行った上で施行しています。


メニエール病

聴覚症状をともなうめまい発作を繰り返す病気で、ゴッホもこの病気だったといわれています。

内リンパ水腫と呼ばれる内耳の内リンパ液圧の上昇が原因とされています。

治療には一般的に利尿剤の内服が多く用いられますが、聴力の急激な増悪に対してはステロイドも使用されます。内服治療で軽快せずめまい発作が頻発する症例に対しては、鼓膜換気チューブ挿入や中耳腔への薬物注入なども近年注目されており、当科でも積極的に行っています。

めまい発作が繰り返し、日常生活に著しい支障を来した場合は手術療法が検討されます。代表的な手術法として、内リンパ嚢開放術、前庭神経切断術、内耳破壊術などがあります。それぞれ利点・欠点があり、医学的に最も適切な方針を検討します。


前庭神経炎

数日間続く、グルグル回るめまいを起こす疾患です。感冒が先行することも多く、ウィルス感染が原因のひとつとして考えられています。メニエール病などと異なり難聴や耳鳴を伴うことはありません。回転性めまいが治まったあともふらつきや体を動かしたときのぐらつきを覚える患者さんも多く見られます。治療はまず安静を保つことです。その上でめまい止めの薬や副腎皮質ステロイドホルモンなどを投与致します。


椎骨脳底動脈循環不全症

めまいに関係する耳・小脳・脳幹などの器官は首の後ろを通る椎骨動脈により栄養されています。高血圧・動脈硬化・不整脈など血流の悪くなる因子のある方では、この動脈の血流不全によりふらつきやめまいを起こすことがあります。

このような症例では、循環を改善する薬が必要となり、神経内科とも連携して対応させていただいております。


聴神経腫瘍

頻度としてはまれですが、体のバランスにかかわる神経に腫瘍が出来ることでいろいろなめまい症状を起こすことがあります。

治療としては放射線(γナイフ)や手術が行われますが、定期的に経過を観察するだけでよい場合もあります。また手術を行う際にも経中頭蓋窩、経迷路、経後頭蓋窩など種々の術式があり、聴力の保存の可否などそれぞれ利点・欠点があるため、症例毎に慎重な検討が必要です。また、脳神経外科との連携も重要になります。


両側前庭機能障害(薬剤性・加齢性など)

昔結核にかかりストレプトマイシンを使用された方などでは、両耳の平衡感覚を持つ部分の機能が高度に低下してしまっている場合があります。 このような場合に特に暗い場所でふらつき・歩行障害をきたすことがあります。 前庭機能自体を改善することは出来ませんが、日常生活での注意やリハビリのため、ご自身の体の状態を正確に理解していただく必要があります。


脊髄小脳変性症

耳鼻咽喉科疾患ではありませんが、平衡失調・歩行障害などをきたし、中脳・小脳・脳幹の機能検査のためにも耳鼻咽喉科での精密な検査が必要となるため、おもに神経内科からの紹介により平衡機能検査を施行しています。


先天性眼振

両側の眼球が生まれつきゆれているのが特徴です。普通のめまいの病気で見られる揺れと異なり、揺れるような動きが見られること(振子様眼振)左右を見るときに揺れが強くなることが特徴です。一般にはめまいは訴えませんが、青年期で眼の動きが強くなるとものが見にくい、ふらつくなどの症状が出てくることがあります。その為、パソコンの画面が見にくい、自動車免許が取れないなどの日常生活の支障を来すことがあります。様々な治療法が考案されていますが、決め手となる物はありません。当科では眼科専門医と相談し、診療に当たっています。


その他

特に高齢者で、脳にも耳にも明らかな異常が認められず、ふらつきが続く方の中で、脳内の体平衡を司る領域の不整な興奮が原因と考えられる症例があり、痙攣止めの薬が効果を挙げている、と近年報告されています。これまで原因不明とされてきた患者さんの中で、この種の治療の適応となる方が多数おられると考えられます。

ページの先頭へ