研究業績紹介

2013年度 研究業績集

原著

1.
Kimura Y, Kubo S, Koda H, Shigemoto K, Sawabe M, Kitamura K: RNA analysis of inner ear cells from formalin fixed paraffin embedded (FFPE) archival human temporal bone section using laser microdissection –A technical report. Hear res 302: 26-31, 2013.
2.
Nishio A, Noguchi Y, Sato T, Naruse T, Kimura A, Takagi A, Kitamura K: A DFNA5 mutation identified in Japanese families with autosomal dominant hereditary hearing loss. Ann Hum Genet (in press).
3.
Honda K, Noguchi Y, Kawashima Y, Takahashi M, Nishio A, Kitamura K: Ex vivo visualization of the mouse otoconial layer compared to micro-computed tomography. Otol Neurotol. (accepted)
4.
Pan B, Geleoc GS, Asai Y, Horwitz GC, Kurima K, Ishikawa K, Kawashima Y, Griffith AJ, Holt JR: TMC1 and TMC2 are components of the mechanotransduction channel in hair cells of the mammalian inner ear. Neuron 79: 504-515, 2013.
5.
Rehman AU, Santos-Cortez RL, Morell RJ, Drummond MC, Ito T, Lee K, Khan AA, Basra MA, Wasif N, Ayub M, Ali RA, Raza SI; University of Washington Center for Mendelian Genomics, Nickerson DA, Shendure J, Bamshad M, Riazuddin S, Billington N, Khan SN, Friedman PL, Griffith AJ, Ahmad W, Riazuddin S, Leal SM, Friedman TB: Mutations in TBC1D24, a gene associated with epilepsy, also cause nonsyndromic deafness DFNB86. Am J Hum Genet: Dec 2013 [Epub ahead of print].
6.
Li X, Sanneman JD, Harbidge DG, Zhou F, Ito T, Nelson R, Picard N, Chambrey R, Eladari D, Miesner T, Griffith AJ, Marcus DC, Wangemann P: SLC26A4 targeted to the endolymphatic sac rescues hearing and balance in Slc26a4 mutant mice. Plos Genet 9; e1003641, 2013.
7.
Okada R, Suzuki M, Takeuchi K, Horikoshi H, TsunodaA: Measurement of shear wave velocities coupled with an evaluation of elasticity using ARFI elastography in diagnosis of papillary thyroid carcinoma. OJCD 3: 178-182, 2013.
8.
Suzuki M, Tsunoda A, Kudo T, Okada R, Toyoda M: Successful management of hypoparathyroidism following total thyroidectomy with vitamin D3 alone. Auris Nasus Larynx 41: 53-55, 2013.
9.
Yan D, Zhu Y, Walsh T, Xie D, Yuan H, Sirmaci A, Fujikawa T, Wong AC, Loh TL, Du L, Grati M, Vlajkovic SM, Blanton S, Ryan AF, Chen ZY, Thorne PR, Kachar B, Tekin M, Zhao HB, Housley GD, King MC, Liu XZ: Mutation of the ATP-gated P2X(2) receptor leads to progressive hearing loss and increased susceptibility to noise. Proc Natl Acad Sci USA 110: 2228-2233, 2013.
10.
Nakagawa K, Shibuya H, Yoshimura R, Miura M, Watanabe H, Kishimoto S, Omura K: Cervical lymph node metastasis from early-stage squamous cell carcinoma of the oral tongue. Acta Oto-Laryngologica, 133(5): 544-551, 2013.
11.
Zenda S, Ishi S, Kawashima M, Arahira S, Tahara M, Hayashi R, Kisimoto S, Ichihashi T: A Dermatitis Control Program (DeCoP) for head and neck cancer patients receiving radiotherapy: a prospective phase II study. Int J Clinoncol 18(2): 350-355, 2013.
12.
Zenda S, Nakagami Y, Akimoto T, et al. Strontium-89 (Sr-89) chloride in the treatment of various cancer patients with multiple bone metastases. Int J Clinoncol: in-press, 2013.
13.
Hamahata A, Saitou T, Beppu T, Yamaki T, Sakurai H: A new nasal cavity and maxilla reconstruction method using jejunum flap with non-vascularised bone. J ReconstrMicrosurg 66(1): e12-15, 2013.
14.
Hamahata A, Saitou T, Ishikawa M, Beppu T, Sakurai H: Lower lip reconstruction using a combined technique of the Webster and Johansonmethods. Ann Plast Surg. 70(6): 654-656, 2013.
15.
角田篤信,岸本誠司:聴器悪性腫瘍に対する外科治療.Otology Japan 22(2):845-848,2013.
16.
角田篤信,岸本誠司:頭蓋底手術後の顔面神経麻痺の取り扱いについて.Facial N Res Jp 33:198-199,2013.
17.
杉本太郎,岸本誠司,川田研郎,有泉陽介,得丸貴夫,清川祐介,野村文敬:ELPSに関する手術支援機器についての考察.耳展 55(5):369-374,2013.
18.
杉本太郎,岸本誠司,川田研郎,角卓郎,得丸貴夫,清川佑介,野村文敬,岡田卓也,河野辰幸:下咽頭深部に存在する下咽頭癌の診断と治療-バルサルバ法と彎曲型喉頭鏡の有用性-.日気食会報 64(2):153,2013.
19.
野口佳裕,伊藤卓,川島慶之,西尾綾子,本田圭司,喜多村健:前庭水管拡大症を伴うSLC26A4,ATP6V1B1,SIX1変異例の聴平衡覚所見の検討.Equilibrium Research 72:97-106,2013.
20.
木村百合香,杉原毅彦,中島麻理,新井冨生,村山繁雄,桑島巌,初田裕幸,平野史生,稲松孝思:耳介の炎症,鞍鼻,多関節炎,気管支壁肥厚を認め,ステロイド加療中に急性呼吸不全を来し死亡した1例.Geriatric Medicine 2013;51:853-864.
21.
川島慶之,喜多村健:内耳有毛細胞の機械的シグナル伝達に必要不可欠な遺伝子TMC1,およびTMC2.Otology Japan 23:137-143,2013.
22.
野村文敬,杉本太郎,岸本誠司:上顎骨に発生した繊維性骨異型成症手術におけるナビゲーションシステムの応用.耳展 55(5):331-332,2013.
23.
西尾綾子,角卓郎,山田雅人,桑波田悠子:精神疾患を合併した耳鼻咽喉科患者の治療経験.日本耳鼻咽喉科学会会報 116:97-102,2013.
24.
田崎彰久,本田圭司,鎌田知子,畑中章生:視力障害により発症したWegener肉芽腫症疑い例.耳鼻臨床 106(11): 985-990,2013.
25.
吉本亮一,野口佳裕,岩崎朱見,喜多村健:埋め込み型骨導補聴器術後皮膚炎症反応に対する再手術例の検討.Otology Japan 23(5):834-840,2013.
26.
本田圭司,野口佳裕,加藤智史,奥野秀次,喜多村健:網羅的解析により診断された耳小骨奇形を合併したミトコンドリア3243変異例.Otology Japan 23(3),223-232,2013.
27.
籾山直子,野口佳裕,高橋正時,喜多村健:熱湯による外傷性鼓膜穿孔例.耳鼻臨床 106,1077-1082,2013.
28.
岸根有美,竹田貴策,鎌田知子,川島慶之:非反回下喉頭神経症例の三次元CT頸部血管造影像.耳鼻頭頸 85(6):378-380,2013.
29.
立石優美子,高橋正時,喜多村健:Bezold膿瘍を形成した隠蔽性乳様突起炎の1例.Otology Japan 23(3):210-215,2013.
30.
工藤毅,鈴木政美,岡田隆平:頸部郭清術前後における鎖骨下静脈の位置と血管径の変化-中心静脈カテーテル留置の適否について.頭頸部外科 22:345-349,2013.
31.
秋田恵一,岡田隆平,那須久代,二村昭元,山口久美子,加藤友康:新しい医療技術-Thiel法による屍体の固定.整形・災害外科 56:1285-1289,2013.
32.
川田研郎,岡田卓也,杉本太郎,藤原尚志,齋藤賢将,藤原直人,了徳寺大郎,太田俊介,宮脇豊,Jirawat Swamgsri,星野明弘,東海林裕,中島康晃,熊谷洋一,永井鑑,清川佑介,野村文敬,角卓郎,得丸貴夫,岸本誠司,河野辰幸:上部消化管用経鼻内視鏡による中咽頭反転法の有用性.日気食会報 64:265-270,2013.
33.
矢野智之,岡崎睦,田中顕太郞,末貞伸子,角田篤信,岸本誠司:頭蓋底再建のための新しい欠損分類の有用性の検討-頭蓋底再建症例127例における検討-.頭頸部癌 39(4):430-434,2013.
34.
田中宏子,川端一嘉,三谷浩樹,米川博之,福島啓文,佐々木徹,新橋渉,佐藤由紀子:化学放射線同時併用療法後のCT・MRIによるリンパ節評価.頭頸部癌 39(1):66-71,2013.
35.
佐々木徹,川端一嘉,三谷浩樹,米川博之,福島啓文,新橋渉,瀬戸陽,小泉雄,神山亮介,蛯名彩,足立充孝,福岡修,志村英二,日高竜太,白尾浩太郎,山田 南星,上里迅,太田久幸,長谷川温,濱孝憲,佐藤由紀子,山本智理子,高橋俊二:唾液腺癌の診断と治療up-to-date 顎下腺癌の治療.頭頸部癌 39(3):281-286,2013.
36.
別府武,白倉聡,畑中章生,服部夏子,岡崎雅,清川佑介,稲吉康比呂,田崎彰久,石原明子,西嶌渡,斎藤吉弘,楮本智子:中咽頭扁平上皮癌に対する化学療法の治療適応についての検討.頭頸部癌 39(3):325-330,2013.
37.
別府武,川端一嘉,鎌田信悦:耳下腺癌の手術計画に関する考察-何を基準に計画すればよいか?-.耳鼻と臨床 59(1):45-53,2013.
38.
別府武,白倉聡,畑中章生,岡崎雅,服部夏子,福田俊,田中洋一:縦隔気管孔形成における術後合併症対策の工夫および問題点.日本気管食道科学会会報 64(2):156,2013.
ページの先頭へ

総説

1.
Shepard K, Ito T, Griffith AJ: Extracting energy from the inner ear. Nat Biotechnol: 1204-1205, 2012.
2.
Ito T, Muskett J, Chattaraj P, Choi BY, Lee KY, Zalewski CK, King KA, Li X, Wangemann P, Shawker T, Brewer CC, Alper SL, Griffith AJ: SLC26A4 mutation testing for hearing loss associated with enlargement of the vestibular aqueduct. World J Otorhinolaryngol 3: 26-34, 2013.
3.
喜多村健:第15群 聴覚障害3.第57回日本聴覚医学会総括報告.Audiology Japan 56(1):18-19,2013.
4.
喜多村健:学会報告 第71回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会.日本耳鼻咽喉科学会東京都地方部会会報 69(5):46,2013.
5.
喜多村健:10年以上経過観察したメニエール病症例の縦断的研究.東京都医師会雑誌 66(5):7-11,2013.
6.
喜多村健:めまい診療のpitfall.第30回日本めまい平衡医学会医師講習会.64-71,2013.
7.
喜多村健:臨床セミナー(1)司会のことば.日耳鼻会報 116(4):342,2013.
8.
喜多村健:外リンパ瘻の臨床.日耳鼻会報 116(4):342-344,2013.
9.
川島慶之,喜多村健:内耳有毛細胞の機械的シグナル伝達に必要不可欠な遺伝子TMC1,およびTMC2.Otology Japan 23(2):137-143,2013.
10.
喜多村健:神経耳科学的検査.神経・精神疾患診療マニュアル.日本医師会雑誌 142(2):S70-71,2013.
11.
喜多村健:特集にあたって.特集 めまい:診断と治療の責任編集.Pharma Medica 31(10):7,2013.
12.
喜多村健:初診時に前庭神経炎と診断したWallenberg症候群.耳鼻咽喉科てこずった症例のブレークスルー.本庄巖(編)中山書店,90-91,2013.
13.
喜多村健:臨床部門 研究とそのトピックス.脳統合機能研究センター 2012年度報告書:96-110,2013.
14.
岸本誠司:頭頸部がんとは.ENT臨床フロンティア:がんを見逃さない-頭頸部がん診療の最前線.専門編集 岸本誠司,中山書店 東京,2-9,2013.
15.
岸本誠司:スキルアップ-頭頸部がん診療-司会のことば-.日本耳鼻咽喉科学会会報 116(9):1059,2013.
16.
杉本太郎,岸本誠司,清川佑介,川田研郎,岡田卓也,Swangsri J,野村文敬,得丸貴夫,角卓郎,稲吉康比呂:湾曲型喉頭鏡による経口的下咽頭部分切除術.JOHNS 29:983-988,2013.
17.
角卓郎,岸本誠司:上顎部分切除術・全摘出術.JOHNS 29:726-728,2013.
18.
角卓郎,岸本誠司:頸部リンパ節摘出術.JOHNS 29:1185-1187,2013.
19.
角卓郎:メトトレキサート(MTX)関連リンパ増殖性疾患.日耳鼻 116:734-735,2013.
20.
鈴木康弘:特集 漢方はどこまで有効か.耳鼻咽喉科診療で用いる漢方薬 苓桂朮甘湯.JOHNS 29(12):2020-2022,2013.
21.
木村百合香:老人のめまい:何が問題となるか.PharmaMedica 2013;31:19-22.
22.
有泉陽介,岸本誠司:【検査結果をどう読むか?】腫瘍マーカー.JOHNS 29 (9):1388-1390,2013.
23.
得丸貴夫,岸本誠司:耳鼻咽喉科における乳幼児診療Q&A:乳幼児に頭頸部腫瘍にはどう対応したら良いですか? MB ENT 152:102-108,2013.
24.
清川佑介,稲葉雄一郎,岸本誠司:症例をどう見るか 副咽頭間隙に発生した脂肪芽腫症例.JOHNS 29:1955-1959,2013.
25.
山田雅人,角田篤信:I.総論 1.頭の痛み.ENTONI 153:1-4,2013.
26.
川端一嘉,三谷浩樹,米川博之,福島啓文,佐々木徹,新橋渉,田中宏子【気管食道科領域における切除不能癌の対応】気管食道科領域における切除不能癌について.日本気管食道科学会会報 64(5):313-319,2013.
27.
別府武,白倉聡,濱畑淳盛:初回治療でここまで治る-適応と成績-咽頭喉頭頸部食道全摘出術.JOHNS 29:967-970,2013.
28.
別府武:私が愛用する手術器具 119.自分なりの頸部郭清術を実施するために-ツッペル,バイポーラシザース,メス-.JOHNS 29,1952-1954,2013.
ページの先頭へ

著書

1.
喜多村健:突発性難聴(監修).ドクターズガイド:時事通信社,177,2013.
2.
喜多村健:突発性難聴.ドクターズガイド:時事通信社,178,2013.
3.
Kishimoto S: Technique for excision of cervical schwannoma. MastersTechiques in Otolaryngorogy-Head and Neck Surgery: Head and neck surgery Vol.2nd. 81-91, 2013.
4.
角田篤信,喜多村健:感覚系の検査 聴力検査と平衡機能検査.臨床検査技師 イエロー・ノート 臨床編 2nd edition 芝 紀代子(編):メジカルビュー社,538-543,2013.
5.
杉本太郎,岸本誠司,清川佑介,川田研郎.ここまで進歩した内視鏡-ファイバースコープから最新のNBI内視鏡まで-.ENT[耳鼻咽喉科]臨床フロンティア がんを見逃さない-頭頸部癌診療の最前線-.岸本誠司編,中山書店 東京,134-141,2013.
6.
杉本太郎,岸本誠司,川田研郎.0-IIa型 赤色調病変(中咽頭の0-IIa型②).一目でわかる咽頭表在がんアトラス.武藤学,渡邉昭仁編,中外医学社 東京,102-103,2013.
7.
杉本太郎,岸本誠司,川田研郎.0-IIa型 赤色調病変(下咽頭梨状陥凹の0-IIa型②).一目でわかる咽頭表在がんアトラス.武藤学,渡邉昭仁編,中外医学社 東京,108-109,2013.
8.
杉本太郎,岸本誠司,川田研郎.0-IIa型 赤色調病変(下咽頭その他の部位の0-IIa型②).一目でわかる咽頭表在がんアトラス.武藤学,渡邉昭仁編,中外医学社 東京,96-97,2013.
9.
野口佳裕:2.耳領域 Q21.耳鼻咽喉科・頭頸部外科Q&A こんなときどうする?(岡本美孝編)中外医学社 東京,145-147,2013.
10.
野口佳裕:心因性難聴.今日の臨床サポート耳鼻咽喉科分野.森山寛(監修,インターネット配信).エルゼビア・ジャパン株式会社 東京,2013.
11.
木村百合香:進行性神経変性疾患への対応~誤嚥防止術~.口腔の緩和医療・緩和ケア.杉原一正 岩淵博史(監)永原書店 東京,185-188,2013.
12.
清川佑介:突発性難聴.今日の処方・改訂第5版(浦部晶夫,大田健,川合眞一,島田和幸,菅野健太郎編)南江堂 東京,1125-1127,2013.
13.
西尾綾子,喜多村健:今日の処方・改訂第5版(浦部晶夫,大田健,川合眞一,島田和幸,菅野健太郎編)南江堂 東京,1119-1121,2013.
14.
大野慶子,喜多村健:21章 耳鼻咽喉疾患 外耳炎.今日の処方 第5版 南江堂 東京,1117-1119,2013.
15.
全田貞幹,秋元哲夫:鼻・副鼻腔悪性腫瘍に対する陽子線治療.頭頸部癌 39(4):久保田彰 他監修,一橋印刷 東京,402-404,2013.
16.
全田貞幹:局所進行頭頸部扁平上皮癌に対する国内第二相試験.頭頸部癌FRONTIER,1(2):岸本誠司 他監修,メディカルレビュー 東京,30-32,2013.
17.
別府武:第5章 知っておくべき頭頸部癌検査法 視診触診のコツ.ENT臨床フロンティア がんを見逃さない-頭頸部癌診療の最前線 初版第1刷 岸本誠司編 中山書店 東京,108-110,2013.
ページの先頭へ

学会発表

1.
Kitamura K: Panel discussion, Active middle ear implant, Baha experience: A note on complications. 20th IFOS World Congress. Seoul Korea, June 2013.
2.
Kitamura K, Takahashi N, Tsunoda A, Shirakura S: Anatomical feature of the middle cranial fossa in fetal periods causes superior canal dehiscence. 29th Politzer Society Meeting, Antalya Turkey, Nov 2013.
3.
Kitamura K, Sato T, Noguchi Y, Nishio A, Naruse T, Kimura A, Takagi A: A DFNA5 mutation in two Japanese families with autosomal dominant hereditary hearing loss. 29th Politzer Society Meeting, An-talya Turkey, Nov 2013.
4.
Kishimoto S, Sugimoto T, Tsunoda A, Sumi T, Aoyagi M, Kawano Y, Yano T, Tanaka K: Symposium: Paranasal sinuses & Skull Base Surgery "Skull Base Surgery for Sinonasal Malignant Tumor". The 3rd ASHNO Congress, Cebu Philippines, March 2013.
5.
Kishimoto S, Sugimoto T, Tsunoda A, Aoyagi M, Kawano Y, Yano T, Tanaka K: Symposium: Other Head & Neck Cancers "Pediatric Head and Neck Malignancy with Skull Base Invasion". The 3rd ASHNO Congress, Cebu Philippines, March 2013.
6.
Kishimoto S: Keynote Lecture: Historical and current concepts of neck management in head and neck cancer. 20th IFOS World Congress 2013, Seoul Korea, June 2013.
7.
Kishimoto S: Symposium "Management of Sinonasal Tumors": Craniofacial resection and reconstruction forsinonasal tumors involving the skull base. 20th IFOS World Congress 2013, Seoul Korea, June 2013.
8.
Tsunoda A, Kishimoto S: Symposium: Temporal Bone Cancer "Surgical Treatment for Ear Cancer". The 3rd ASHNO Congress, Cebu Philippines, March 2013.
9.
Sugimoto T, Kishimoto S, Kawada K, Kiyokawa Y, Okada T, Swangsri J, Sumi T, Tokumaru T, Nomura F. Symposium: Hypopharyngeal cancer "Transoral Resection of Hypopharyngeal Cancer". The 3rd ASHNO Congress, Cebu Philippines, March 2013.
10.
Sugimoto T, Kishimoto S, Kawada K, Kiyokawa Y, Okada T, Swangsri J, Fujiwara H, Sumi T,Tokumaru T, Nomura F: Symposium/Transoral resection for hypopharyngeal cancer: Endoscopic laryngo-pharyngeal surgery using curved distending laryngoscope. Eurasian Federation of Oncology, St.Petersburg Russia, July 2013.
11.
Sugimoto T, Kishimoto S, Kawada K, Kiyokawa Y, Okada T, Fujiwara H, Kawano T, Sumi T, Nomura F, Inayoshi Y, Ito T, Kawachi H: Symposium: Early Detection and Organ Preservation Surgery of the Pharyngeal Cancer in Japan "Endoscopic laryngo-pharyngeal surgery using curved distending laryngoscope. UAE Cancer Congress 2013, Dobai UAE, October 2013.
12.
Noguchi Y, Nishio A, Takeda N, Shimada A, Chida I, Naruse T, Kimura A, Kitamura K: A Japanese family with autosomal dominant auditory neuropathy spectrum disorder. 36th Annual Midwinter Meeting of the Association for Research in Otolaryngology, Baltimore USA, February 2013.
13.
Noguchi Y, Takahashi M, Ito T, Tokano H, Nishio A, Yamamoto K, Kitamura K: Delayed restoration of speech discrimination score in sudden sensorineural hearing loss. 20th World Congress of the international Federation of Oto-Rhino-Laryngologycal Society (IFOS), Seoul Korea, June 2013.
14.
Suzuki Y, Tokano H, Inaba Y, Iwasaki A, Kitamura K: The relationship between basophil and eosinophil in eosinophilic chronic sinusitis patients. EAACI and WAO World Allergy and Asthma Congress 2013. Milan Italy, June 2013.
15.
Kimura Y, Koda H, Kubo S, Shigemoto K, Arai T, Kitamura K: A case of mitochondrial myopathy, encephalopathy, lactic acidosis, and stroke-like episodes (MELAS); histopathology and mutational analysis of the temporal bone. 13th Triennial Meeting of the International Otopathology Society. Boston USA, June 2013.
16.
Ito T, Choi BY, Wangemann P, Griffith AJ: Mouse model Of the fluctuating hearing loss associated with enlargement of the vestibular aqueduct in Pendred syndrome. 36th ARO meeting, Baltimore USA, February 2013.
17.
Ito T, Li X, Kurima K, Choi BY, Wangemann P, Griffith AJ: Fluctuating hearing loss associated with stria vascularis intermediate layer pathology in a mouse model of Pendred syndrome. Second Biannual Meeting of the Pendrin Consortium. Jamestown USA, June 2013.
18.
Rehman AU, Lee K, Morell RJ, Ito T, Drummond MC, Griffith AJ, Riazuddin S, Leal SM, Friedman TB: Identification of mutations of the gene causing DFNB86 deafness. American Society of Human Genetics. Boston USA, October 2013.
19.
Ito M, Takahashi H, Kitamura K, Kobayashi T, Yamanaka N, Harabuchi Y, Watanabe Y, Origasa H, Yoshizaki T: Efficacy of herbal medicine, Juzen-Taiho-To (JTT) in children with recurrent acute otitis media – a randomized controlled trial. 20th IFOS World Congress. Seoul Korea, June 2013.
20.
Kato T, Noguchi Y, Kimura Y, Kitamura K: Comprehensive analyses for mitochondrial DNA in patients with hereditary hearing loss. 13th Triennial Meeting of the International Otopathology Society. Boston USA, June 2013.
21.
Fujikawa T, Petralia RS, Fitzgerald TS, Wang YX, KacharB: Localization of kainate receptors in inner and outer hair cell synapses. 36th Mid Winter Meeting of Association for Research in Otolaryngology. Baltimore USA, February 2013.
22.
Yamamoto K, Tabei K, Katsuyama N, Taira M, Kitamura K: Functional MRI study of speech recognition in noise for patients with profound unilateral hearing loss. 13th Triennial Meeting of the International Otopathology Society. Boston USA, June 2013.
23.
Inaba Y, Suzuki Y, Tokano H, Iwasaki A, Kitamura K: Allergic reaction in Japanese patients with obstructive sleep apnea syndrome (OSAS) and upper airway resistance syndrome (UARS). EAACI and WAO World Allergy and Asthma Congress 2013. Milan Italy, June 2013.
24.
Okada R, Yagi K, Ibuki K, Yamaguchi K, Tsunoda K, Akita K: Positional relationships between the tensor velipalatini and the superior constrictor. European Joint Congress of Clinical Anatomy 2013. Risbon Portugal, June 2013.
25.
Takeda T, Kawashima Y, Kamada T, Kishine N, Hatanaka A, Kitamura K: Risk factors for the development of descending necrotizing mediastinitis in patients with cervical necrotizing fasciitis. The 12th Taiwan-Japan Conference on Otolaryngology-Head and Neck surgery. Taipei Taiwan, Dec 2013.
26.
Yoshino Y, Nemoto S, Tomori T, Miki K, Inoue M, Arimura K, Tsunoda A, Kishimoto S, Kitamura K: Endoscopically assisted direct intratumoral embolization of juvenile nasopharyngeal angiofibroma. 2nd Meeting of European Academy of ORL-HNS and CE ORL-HNS, Nice France, April 2013.
27.
Homma T, Yano T, Tanaka K, Suesada N, Aoyagi M, Kishimoto S, Okazaki M: Free flap reconstruction of huge and invasive craniofacial nasopharyngeal angiofibroma involving skull base region. 7th World Society for Reconstructive Microsurgery 2013 Congress, Chicago USA, July 2013.
28.
Yano T, Okazaki M, Suesada N, Honma T, Tanaka K, Aoyagi M, Kishimoto S: An impact of standardization of reconstructive procedure in skull base reconstruction using free flaps. 7th World Society for Reconstructive Microsurgery 2013 Congress, Chicago USA, July 2013.
29.
喜多村健,野口佳裕,本田圭司,奥野秀次,加藤智史:網羅的解析で偶然ミトコンドリアDNA3243変異が同定された耳小骨奇形症例.平成24年度厚生労働省遺伝性難聴および外耳、中耳、内耳奇形に関する調査研究班・Usher症候群に関する調査研究班合同研究成果報告会 東京,2013年2月.
30.
喜多村健:特別講演 診療ガイドラインに基づいた急性中耳炎、急性副鼻腔炎診療.日本耳鼻咽喉科学会高知県地方部会総会並びに講演会 高知,2013年4月.
31.
喜多村健,渡邉勈,角卓郎,角田篤信,西尾綾子,小松崎篤:東京都地方部会元部会長渡邉勈東京医科歯科大学名誉教授が10年以上経過観察したメニエール病の縦断的研究.日本耳鼻咽喉科学会東京都地方部会例会第198回学術講演会 東京,2013年7月.
32.
喜多村健,角田篤信,角卓郎,鈴木康弘,岩崎朱見,清川 佑介,稲葉雄一郎,本田圭司:メニエール病の予後-30年以上経過観察した症例の検討から.第10回東京メニエ-ル病カンファランス 東京,2013年7月.
33.
角田篤信,角卓郎,古宇田寛子,伊藤卓,得丸貴夫,山田雅人,岸川正大,白倉聡,大野十央,岸本誠司:当施設における頭蓋底手術について-外側頭蓋底手術(Lateral skull base surgery)-.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
34.
喜多村健,岡田隆平,角田篤信,木村百合香:シンポジウム.側頭骨の手術、研究のための標本固定法と米国の側頭骨登録機構について.第23回日本耳科学会総会・学術講演会 宮崎,2013年11月.
35.
岸本誠司:講演:アドバンストコース「私が伝えたい匠の技」頭蓋底外科.第23回日本頭頸部外科学会総会・学術講演会 鹿児島,2013年2月.
36.
岸本誠司:講演:頭蓋底・顔面深部の外科-様々なアプローチ法の検討-.第7回香川頭頸部治療セミナー 高松,2013年9月.
37.
角田篤信,岸本誠司,須田稔士,枝松秀雄:口腔に突出した副咽頭間隙腫瘍に対する経口ならび経耳下腺法の組み合わせによる摘出法. 第23回日本頭頸部外科学会総会・学術講演会 鹿児島,2013年1月.
38.
角田篤信,岸本誠司:頭蓋底手術後の顔面神経麻痺の取り扱いについて.第36回日本顔面神経研究会 沖縄,2013年4月.
39.
角田篤信,喜多村健,岸本誠司:当科における電子カルテの現況について.第2回耳鼻咽喉科電子カルテ情報交換会 札幌,2013年5月.
40.
角田篤信,角卓郎,古宇田寛子,伊藤卓,得丸貴夫,山田雅人,岸川正大,岸本誠司:当施設における頭蓋底手術について-外側頭蓋底手術(Lateral skull base surgery).第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
41.
角田篤信,角卓郎,得丸貴夫,清川祐介,有泉陽介,青柳傑,田中顕太郎,岸本誠司:側頭骨亜全摘術の手術手技について.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
42.
角田篤信,岸本誠司:シンポジウム:側頭骨悪性腫瘍のマネージメント:側頭骨悪性腫瘍摘出における手術手技について.第25回日本頭蓋底外科学会総会・学術講演会 名古屋,2013年6月.
43.
角田篤信,岸本誠司,角田晃一:頭蓋底手術における所見撮影の問題点及び対策について.第15回耳鼻咽喉科手術支援システム・ナビ研究会 京都,2013年10月.
44.
角田篤信,喜多村健,岸本誠司:耳および側頭骨解剖の効果的な指導~ティール法検体を用いて.第23回日本耳科学会総会・学術講演会 宮崎,2013年11月.
45.
杉本太郎,岸本誠司,喜多村健,角卓郎,得丸貴夫,野村文敬,清川佑介,岩崎朱見,本田圭司,岸川正大,村岡秀樹,稲吉康比呂,伊藤崇:中咽頭癌診断におけるNBI内視鏡観察の意義とHPV陽性中咽頭癌発症機序についての考察.第113回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
46.
杉本太郎,岸本誠司,川田研郎,角卓郎,得丸貴夫,清川祐介,野村文敬,河野辰幸:下咽頭癌に対する経口的下咽頭部分切除術の手術適応の検討.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
47.
杉本太郎,岸本誠司:パネルディスカッション:私の副咽頭間隙腫瘍手術:副咽頭間隙腫瘍の診断と治療:悪性腫瘍の予測因子の観点から.第25回日本頭蓋底外科学会総会・学術講演会 名古屋,2013年6月.
48.
杉本太郎,岸本誠司,川田研郎,清川佑介,岡田卓也,藤原尚志,角卓郎,野村文敬,稲吉康比呂,齋藤賢将,藤原直人,了徳寺大郎,東海林裕,中島康晃,永井鑑,河野辰幸,河内洋,伊藤崇:咽喉頭表在癌の彎曲型喉頭鏡下手術における手術手技の工夫.第16回頭頸部表在癌研究会 東京,2013年6月.
49.
杉本太郎,岸本誠司,川田研郎,清川佑介,藤原尚志,角卓郎,野村文敬,稲吉康比呂,小郷泰一:下咽頭癌に対するELPSによる経口的下咽頭部分切除術の治療成績と機能温存の検討.第6回喉頭機能温存治療研究会 東京,2013年11月.
50.
杉本太郎,岸本誠司,清川佑介,川田研郎,藤原尚志,小郷泰一,岡田卓也,河野辰幸,角卓郎,野村文敬,稲吉康比呂,河内洋,伊藤崇:下咽頭癌の(化学)放射線療法後再発・残存に対して経口的下咽頭部分切除術を施行した症例の検討.第14回頭頸部表在癌研究会 東京,2013年11月.
51.
杉本太郎,岸本誠司,川田研郎,清川佑介,藤原尚志,岡田卓也,角卓郎,野村文敬,稲吉康比呂,岡田卓也,河野辰幸:シンポジウム「咽頭・食道癌の内視鏡手術」:下咽頭癌に対するELPSの術後管理についての検討.第65回日本気管食道科学会総会・学術講演会 東京,2013年11月.
52.
Sugimoto T, Kishimoto S, Kawada K, Kiyokawa Y, Okada T, Fujiwara N, Ogo Y, Sumi T, Nomura F, Inayoshi Y. Endoscopic laryngo-pharyngeal surgery using curved distending laryngoscopefor early staged hypopharyngeal cancer. 第6回喉頭機能温存治療研究会 東京,2013年11月.
53.
野口佳裕,西尾綾子,武田憲昭,島田亜紀,千田いづみ,成瀬妙子,木村彰方,喜多村健:常染色体優性遺伝形式のAuditory neuropathy spectrum disorder家系.厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)急性高度難聴に関する調査研究 平成24年度第2回研究報告会 東京,2013年2月.
54.
野口佳裕:本年度の調査・研究の進行状況報告と次年度の研究計画について.厚生労働省科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業)前庭水管拡大症の臨床所見と遺伝子変異解析に基づく新診断基準作成 平成24年度第2回研究報告会 東京,2013年2月.
55.
野口佳裕,西尾綾子,武田憲昭,島田亜紀,千田いづみ,喜多村健:常染色体優性遺伝形式のAuditory neuropathy spectrum disorderの1家系.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
56.
野口佳裕,丸山絢子,喜多村健:公募インストラクションコース8「外リンパ瘻(CTP検査の有用性)」外リンパ瘻診断におけるCTP検査の有用性.第23回日本耳科学会総会・学術講演会 宮崎,2013年11月.
57.
野口佳裕,高橋正時,吉本亮一,本田圭司,川島慶之,喜多村健:前庭水管拡大症に関する全国調査の検討.第23回日本耳科学会総会・学術講演会 宮崎,2013年11月.
58.
古宇田寛子,渡邊嶺:大久保病院で経験したHIV症例.第25回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年12月.
59.
石原明子,岩崎朱見:アロンアルファ®による外耳道異物の一例.第24回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2012年7月.
60.
角卓郎,杉本太郎,得丸貴夫,野村文敬,清川祐介,鈴木康弘,角田篤信,岸本誠司:副甲状腺機能亢進症手術症例の検討.第23回日本頭頸部外科学会総会・学術講演会 鹿児島,2013年1月.
61.
角卓郎,岸本誠司,杉本太郎,有泉陽介,神山亮介,角田篤信,得丸貴夫,野村文敬,清川祐介,鈴木康弘,矢野智之:鼻副鼻腔悪性腫瘍に対する頭蓋底手術の治療成績.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
62.
鈴木康弘,杉本太郎,角卓郎,得丸貴夫,清川佑介,野村文敬,角田篤信,岸本誠司:頭頸部原発小児ユーイング肉腫の5症例.第37回頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
63.
鈴木康弘,岸本誠司:当科における頭頸部原発小児ユーイング肉腫症例の検討.2013年度日本ユーイング肉腫研究会 東京,2013年7月.
64.
鈴木康弘,戸叶尚史,稲葉雄一郎,長岡みどり,喜多村健:当科での慢性副鼻腔炎手術症例における血中好酸球・好塩基球推移の検討.第52回日本鼻科学会総会・学術講演会 福井,2013年9月.
65.
鈴木康弘,喜多村健:当科における咽喉頭症状に対する漢方薬の使用経験.第29回日本耳鼻咽喉科漢方研究会学術集会 東京,2013年10月.
66.
木村百合香,加藤智史,長岡みどり,岸本誠司:胃瘻造設患者における胃瘻交換入院時の内視鏡下嚥下機能評価の試み.第36回日本嚥下医学会総会 京都,2013年3月.
67.
木村百合香,加藤智史,長岡みどり,西山耕一郎,岸本誠司:耳鼻咽喉科医に求められる嚥下障害診療とは?〜板橋区における多職種アンケート調査より〜.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
68.
木村百合香:教育セミナー「女性医師のキャリアアップ」.第75回耳鼻咽喉科臨床学会総会・学術講演会 神戸,2013年7月.
69.
木村百合香,牧野奈緒,加藤智史,喜多村健:内頸動脈鼓室内異常走行により致死的合併症を生した一症例の側頭骨病理組織学的所見.第23回日本耳科学会総会・学術講演会 宮崎,2013年11月.
70.
木村百合香,牧野奈緒,加藤智史,大野慶子,喜多村健:内頸動脈鼓室内異常走行により致死的合併症を生じた1例の側頭骨病理組織学的所見.第25回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年12月.
71.
川島慶之,喜多村健:内耳有毛細胞の機械的シグナル伝達に必要不可欠な遺伝子TMC1,およびTMC2.第5回本郷・湯島フォーラム 東京,2013年3月.
72.
畑中章生,別府武,白倉聡,服部夏子,岡崎雅,濱畑淳盛:当科における上顎洞癌の臨床的検討.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,平成25年6月.
73.
畑中章生,別府武,白倉聡,岡崎昌史,服部夏子:晩発性に大出血を来した下咽頭食道重複癌症例.第16回sonic symposium on otolaryn-gology 埼玉,平成25年7月.
74.
白倉聡,別府武,畑中章生,岡崎雅,服部夏子:頸部N3手術症例の臨床検討.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
75.
白倉聡,別府武,畑中章生,岡崎雅:頭頸部原発悪性黒色腫リンパ節転移の臨床検討.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
76.
白倉聡:舌癌再建手術を契機にACTH単独欠損症と診断された1症例.第75回耳鼻咽喉科臨床学会総会・学術講演会 神戸,2013年7月.
77.
白倉聡,別府武:当科における頸部食道癌手術症例の臨床検討.第65回日本気管食道科学会総会・学術講演会 東京,2013年11月.
78.
白倉聡,別府武,畑中章生,岡崎雅,得丸貴夫,藤川太郎,山田雅人,服部夏子:異所性甲状腺に舌根原発扁平上皮癌を合併した1症例.第25回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年12月.
79.
白倉聡,別府武,畑中章生,岡崎雅,服部夏子:甲状腺乳頭癌の治療適応-高齢者,進行例,再発例の場合-.第2回埼玉県頭頸部腫瘍セミナー 埼玉,2013年4月.
80.
白倉聡,別府武,畑中章生,岡崎雅,得丸貴夫,藤川太郎,山田雅人:多発肺転移により診断された若年者の甲状腺乳頭癌両側頸部及び咽後リンパ節転移症例.第19回北関東頭頸部腫瘍研究会 埼玉,2013年10月.
81.
大野十央,渡邉嶺,丸山絢子:喉頭全摘術後の咽頭皮膚瘻に対するシリコンチューブの使用経験.武蔵野ENT研究会 東京,2013年1月.
82.
大野十央,丸山絢子,岡田隆平:喉頭全摘術後の咽頭皮膚瘻に対するシリコンチューブの使用経験.第25回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年12月.
83.
加藤智史,木村百合香:Nutrition Support Teamに参加して.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
84.
藤川太郎,白倉聡,畑中章生,岡崎雅,得丸貴夫,山田雅人,別府武:当科における高齢者進行頭頸部癌の術後合併症の検討.第115回日耳鼻埼玉県地方部会学術講演会 浦和,2013年10月.
85.
得丸貴夫,角田篤信,杉本太郎,角卓郎,清川祐介,野村文敬,山田雅人,岸本誠司:当科で行っている鼻咽腔血管線維腫に対する新しいアプローチ方法~Maxillo-orbito-zygomatic approach~.第23回日本頭頸部外科学会総会・学術講演会 鹿児島,2013年1月.
86.
得丸貴夫,角田篤信,杉本太郎,角卓郎,清川佑介,野村文敬,岸本誠司:頭蓋底に進展した若年性鼻咽腔血管線維腫に対する治療戦略.第23回日本頭頸部外科学会総会・学術講演会 鹿児島,2013年1月.
87.
得丸貴夫,角田篤信,杉本太郎,山田雅人,青柳傑,河野能久,矢野智之,岸本誠司:若年性鼻咽腔血管線維腫に対する新しいアプローチ法~Maxillo-orbito-zygomatic approach~.第25回日本頭蓋底外科学会総会・学術講演会 名古屋,2013年6月.
88.
得丸貴夫,白倉聡,畑中章生,岡崎雅,山田雅人,別府武:当科における進行下咽頭癌に対する手術治療の検討.第114回日耳鼻埼玉県地方部会学術講演会 浦和,2013年6月.
89.
得丸貴夫,白倉聡,畑中章生,岡崎雅,山田雅人,別府武:当科における喉頭全摘出・咽頭再建後の音声獲得.第24回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年7月.
90.
野村文敬,岸本誠司,矢野智之,田中顕太郎:口腔咽頭領域に原発した小児肉腫の4症例.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
91.
野村文敬,岸本誠司:小児口腔咽頭領域原発肉腫の4例.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
92.
野村文敬:アービタックス+RT療法の奏効例.頭頸部癌分子標的薬治療勉強会 東京,2013年8月.
93.
清川祐介,杉本太郎,角卓郎,得丸貴夫,野村文敬,角田篤信,岸本誠司:当科における頸部神経鞘腫手術症例の検討.第23回日本頭頸部外科学会総会・学術講演会 鹿児島,2013年1月.
94.
清川佑介,岸本誠司,杉本太郎,角卓郎,得丸貴夫,野村文敬,本田圭司,岸川正大:当科におけるdesmoid tumorの治療経験.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
95.
清川佑介,稲葉雄一郎,岸本誠司:小児副咽頭間隙脂肪芽腫の一例.第75回耳鼻咽喉科臨床学会総会・学術講演会 神戸,2013年7月.
96.
清川佑介,杉本太郎,岸本誠司,小出暢章,川田研郎,藤原尚志,小郷泰一,河野辰幸,角卓郎,野村文敬,稲吉康比呂,河内洋,伊藤崇:下咽頭癌化学放射線療法後再発に対してELPSを施行し遅発性の後出血を認めた1症例.第14回頭頸部表在癌研究会 東京,2013年11月.
97.
西尾綾子,野口佳裕,佐藤達也,成瀬妙子,木村彰方,喜多村健:常染色体優性非症候群性遺伝性難聴例におけるDFNA5遺伝子解析.平成24年度第2回厚生労働省急性高度難聴調査研究班会議 東京,2013年2月.
98.
山本容子,野口佳裕,喜多村健:高気圧酸素治療における耳合併症の検討.第23回日本耳科学会総会・学術講演会 宮崎,2013年11月.
99.
山本容子,野口佳裕,柳下和慶,榎本光裕,喜多村健:高気圧酸素治療における耳合併症の検討.第47回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会,2013年11月.
100.
山本容子,野口佳裕,柳下和慶,榎本光裕,喜多村健:高気圧酸素治療における耳合併症の検討.第25回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年12月.
101.
長岡みどり,木村百合香,加藤智史,喜多村健:中耳非結核性抗酸菌症の一例.第23回日本耳科学会総会・学術講演会 宮崎,2013年11月.
102.
稲葉雄一郎,岸本誠司:脊椎転移による麻痺症状を呈した頸部悪性パラガングリオーマの2症例.第75回日本耳鼻咽喉科臨床学会総会・学術講演会 神戸,2013年7月.
103.
稲葉雄一郎,鈴木康弘,野村文敬,清川祐介,岸本誠司:大量喀血を来した甲状腺を主座とする巨大な頸部動静脈奇形の一症例.第65回日本気管食道科学会総会・学術講演会 東京,2013年11月.
104.
倉田奈都子,石原明子,坂本恵,野村文敬:当科における扁桃周囲膿瘍の臨床的検討.第75回耳鼻咽喉科臨床学会総会・学術講演会 神戸,2013年7月.
105.
坂本恵,鈴木雅子,片山諭,川島慶之:頸部胚中心進展性異形成の2例.第25回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年12月.
106.
吉本亮一,岩崎真一,喜多村健:培養前庭神経節細胞における過分極誘発カチオンチャネルの特性.第5回東京医科歯科大学 CBIR若手インスパイアシンポジウム 東京,2013年2月.
107.
吉本亮一,岩崎真一,鷹合秀輝,喜多村健:培養前庭神経節細胞における過分極誘発カチオンチャネルの特性.第23回日本耳科学会総会・学術講演会 宮崎,2013年11月.
108.
大村卓也,大野慶子,長岡みどり,加藤智史,木村百合香:進行性核上性麻痺による喉頭狭窄に対し一期的に喉頭閉鎖術を施行した1例.第24回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年7月.
109.
山田雅人,角田篤信,得丸貴夫,青柳傑,河野能久,矢野智之,田中顕太郎,岸本誠司:頭蓋底・側頭下窩へ進展した若年性鼻咽腔血管線維腫の手術法-自験例11症例による検討-.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 北海道,2013年5月.
110.
大野慶子,加藤智史,木村百合香:脊髄硬膜外膿瘍を合併した咽後膿瘍の1例.第25回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年12月.
111.
岸根有美,竹田貴策,水島豪太,川島慶之:インフルエンザを契機に発症した急性喉頭蓋炎の2症例.第24回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年7月.
112.
岸根有美,川島慶之,鎌田知子,竹田貴策,水島豪太,喜多村健:インフルエンザを契機に発症した急性喉頭蓋炎の2症例.第65回日本気管食道科学会総会・学術講演会 東京,2013年10月.
113.
籾山直子,有泉陽介,立石優美子:当院における挿管性両側声帯運動麻痺症例の検討.第24回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年7月.
114.
渡邊晶,山本容子,藤井可絵:賛育会病院における小児急性中耳炎の現状.第25回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年12月.
115.
丸山絢子,野口佳裕,西尾綾子,高橋正時,池園哲郎,喜多村健:東京医科歯科大学におけるCTP 検査施行症例の検討.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
116.
丸山絢子,渡邊嶺,岡田隆平,大野十央:当科における後鼻神経切断術の臨床と検討.第24回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年7月.
117.
丸山絢子,岩崎朱見,小出暢章,伊藤京子,角田篤信,岸本誠司:角化嚢胞性歯源性腫瘍の症例.第8回医病歯病連携推進症例検討会 東京,2013年10月.
118.
丸山絢子,野口佳裕,高橋正時,喜多村健:外耳道母斑細胞母斑の一例.第23回日本耳科学会総会・学術講演会 宮崎,2013年11月.
119.
岡田卓也,川田研郎,Jirawat Swangsri,藤原尚志,藤原直人,太田俊介,宮脇豊,東海林裕,中島康晃,熊谷洋一,永井鑑,河野辰幸,杉本太郎,清川佑介,岸本誠司,野村文敬,伊藤崇,江石義信:下咽頭表在性MALTリンパ腫の1例.第12回頭頸部表在癌研究会 東京,2013年1月.
120.
岡田隆平,鈴木政美,新國摂,堀越浩幸:唾液腺腫瘍におけるARFI elastographyの有用性.第37回頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
121.
岡田隆平,鈴木政美:甲状腺乳頭癌の膵転移症例.第46回甲状腺外科学会総会・学術講演会 名古屋,2013年9月.
122.
水島豪太,岸根有美,竹田貴策,中村裕之,川島慶之:気道確保を要した成人クループ症候群の2症例.第24回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京, 2013年7月.
123.
水島豪太,川島慶之,岸根有美,竹田貴策,喜多村健:気道確保を要した成人クループ症候群の2症例.第65回日本気管食道科学会総会・学術講演会 東京,2013年10月.
124.
竹田貴策,岸根有美,鎌田知子,川島慶之:鼓膜換気チューブ留置後の鼓膜穿孔遺残に関する検討.第72回茨城農村学会 茨城,2013年3月.
125.
竹田貴策,鎌田知子,岸根有美,本田圭司,畑中章生,川島慶之:降下性縦隔炎へ進展した頸部壊死性筋膜炎の臨床像の検討.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
126.
岸川正大,角田篤信,岩崎朱見,岸本誠司:内視鏡下での摘出が困難と診断された鼻腔乳頭腫の1例.第23回日本頭頸部外科学会総会・学術講演会 鹿児島,2013年1月.
127.
岸川正大,竹田貴策,得丸貴夫,岸本誠司:巨大耳下腺腫瘍の一例.第24回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年7月.
128.
小出暢章,稲葉雄一郎,岸本誠司:口腔から挿入した軟性内視鏡による上咽頭・後鼻腔病変の観察.第24回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年7月.
129.
小出暢章,伊藤京子,稲葉雄一郎,高橋正時,角田篤信,喜多村健:気道内病変の手術時におけるLaryngeal Mask気道管理の有用性.日本耳鼻咽喉科学会東京都地方部会例会 第201回学術講演会 東京,2013年11月.
130.
小出暢章,稲葉雄一郎,高橋正時,角田篤信,喜多村健:気管内病変の手術時におけるLaryngeal mask気道管理の有用性.第25回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年12月.
131.
伊藤京子,野口佳裕,高橋正時,山本容子,喜多村健:3姉妹に認められた耳硬化症例.第24回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年7月.
132.
伊藤京子,野口佳裕,川島慶之,高橋正時,八島隆敏,喜多村健:東京医科歯科大学過去5年間における耳硬化症手術症例の検討.第25回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年12月.
133.
平井千晶,圓梨代,角田篤信,鈴木康弘,岩崎朱見,稲葉雄一郎,本田圭司,清川佑介,喜多村健:当科めまい外来における過去8年間の受診患者の臨床的検討.第71回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 大阪,2013年11月.
134.
圓梨代,平井千晶,角田篤信,喜多村健:当院での先天性眼振症例の電気眼振計による検討.第72回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 大阪,2013年11月.
135.
澤田光毅,野口佳裕,戸叶尚史,高橋正時,山本桂,吉本亮一,喜多村健:補聴器適合検査における適合評価についての検討.第58回日本聴覚医学会総会・学術講演会 松本,2013年10月.
136.
江口紘太郎,本田圭司,角卓郎,岸本誠司:再三の腫瘍減量により長期にわたりQOLを維持している巨大な上咽頭神経鞘腫の1例.第24回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年7月.
137.
江口紘太郎,角卓郎,岸本誠司:腫瘍減量を繰り返してQOLを維持している上咽頭神経鞘腫の1例.第26回日本口腔咽頭科学会総会・学術講演会 名古屋,2013年9月.
138.
渡邊浩基,杉本太郎,角卓郎,稲吉康比呂,清川佑介,野村文敬,岸本誠司:頭頸部癌に対するCetuximabの使用経験~放射線併用例を中心に~.第25回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年12月.
139.
川田研郎,岡田卓也,杉本太郎,小郷泰一,藤原尚志,齋藤賢将,藤原直人,了徳寺大郎,太田俊介,宮脇豊,J Swangsri,星野明弘,東海林裕,中島康晃,熊谷洋一,永井鑑,清川佑介,野村文敬,岸本誠司,伊藤崇, 河野辰幸:咽喉頭表在癌の彎曲型喉頭鏡下手術における手術手技の工夫.第16回頭頸部表在癌研究会 東京,2013年6月.
140.
川田研郎,藤原尚志,小郷泰一,奥田将史,齋藤賢将,藤原直人,了徳寺大郎,宮脇豊,東海林裕,中島康晃,永井鑑,杉本太郎,清川佑介,岸本誠司,伊藤崇,河野辰幸:経鼻内視鏡+咽喉頭展開法により発見した下咽頭表在癌の検討.第14回頭頸部表在癌研究会 東京,2013年11月.
141.
矢野智之,岡崎睦,田中顕太郎,末貞伸子,石井義剛,大久保ありさ,角田篤信,青柳傑,岸本誠司:頭蓋底領域における再建術式の標準化の試み-139例の検討.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
142.
矢野智之,岡崎睦,本間勉,田中顕太郎,角田篤信,青柳傑,岸本誠司:パネルディスカッション:頭蓋底手術後の整容問題への対応-How I do it-:側頭頭頂筋骨膜弁を用いた術後側頭陥凹を回避する整容的頭蓋底再建法.第25回日本頭蓋底外科学会総会・学術講演会 名古屋,2013年6月.
143.
末貞伸子,矢野智之,田中顕太郎,石井義剛,大久保ありさ,岸本誠司,岡崎睦:側頭頭長筋骨膜弁の頭頸部小欠損再建への応用.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
144.
石井義剛,矢野智之,末長伸子,大久保ありさ,田中顕太郎,角田篤信,岸本誠司,岡崎睦:中頭蓋底領域手術へのアプローチとして2度のFacial dismasking flapを用いた2例.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
145.
大久保ありさ,矢野智之,末長伸子,石井義剛,田中顕太郎,角田篤信,岸本誠司,岡崎睦:側頭頭頂筋骨膜弁による頭蓋底再建術後感染例に対する温存側頭筋弁を用いたサルベージサージャリー.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
146.
河野能久,青柳傑,田村郁,菅原貴志,岸本誠司,前原健寿:翼状突起基部および中頭蓋底内側病変への拡大側頭下窩アプローチ.第25回日本頭蓋底外科学会総会・学術講演会 名古屋,2013年6月.
147.
東森俊樹,吉野義一,三木一徳,井上雅人,有村公一,根本繁,角田篤信,角卓郎,岸本誠司:直接穿刺法を加えた塞栓術を施行して内視鏡下摘出術により治療した咽頭粘表皮癌の一例.第121日本脳神経外科学会関東支部会 東京,2013年9月.
148.
菅原貴志,青柳傑,河野能久,田村郁,萩島隆浩,玉置正史,矢野智之,角田篤信,前原健寿,岸本誠司:シンポジウム:前頭蓋底手術におけるチーム医療-当院における癌か内進展を伴う鼻副鼻腔悪性腫瘍に対する治療戦略とその臨床的検討-.第25回日本頭蓋底外科学会総会・学術講演会 名古屋,2013年6月.
149.
菅原貴志,青柳傑,河野能久,玉置正史,矢野智之,岸本誠司,前原健寿:眼窩内進展を伴う鼻副鼻腔悪性腫瘍に対する頭頸部外科・脳神経外科・形成外科3科による手術戦略とその臨床的検討.第72回日本脳神経外科学会総会・学術講演会 東京,2013年10月.
150.
鈴木涼子,福島敬,小林千恵,福島紘子,酒井愛子,石田敏章,落合秀匡,岸本誠司,陳基明,細貝亮介,細谷要介,三春晶嗣,渡辺温子,五藤周,増本幸二,水本斉志,櫻井英幸,須磨崎亮:Ewing 肉腫ファミリー腫瘍初発に対する陽子線照射併用集学的治療の有用性について.第55回日本小児血液・がん学会総会・学術講演会 福岡,2013年11月.
151.
全田貞幹:鼻副鼻腔腫瘍に対する陽子線治療.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
152.
全田貞幹:化学放射線療法における皮膚・粘膜障害のマネージメント.第11回日本臨床腫瘍学会総会・学術講演会 仙台,2013年8月.
153.
全田貞幹:陽子線治療の実地経験.第49回日本医学放射線学会総会・学術講演会 名古屋,2013年10月.
154.
全田貞幹:頭頸部癌における放射線化学療法.第26回日本放射線腫瘍学会学術大会 青森,2013年10月.
155.
全田貞幹:頭頸部化学放射線療法.第51回日本癌治療学会総会・学術講演会 京都,2013年10月.
156.
増淵達夫,鎌田信悦:ベッセルシーリングシステムを使用した頭頸部手術.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
157.
佐藤由紀子,古田玲子,山本智理子,新橋渉,利安隆史,川端一嘉,三谷浩樹,米川博之,福島啓文,佐々木徹:原発不明頸部転移癌におけるリンパ節転移巣からのHPV検出方法の検討.第37回頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
158.
利安隆史,川端一嘉,三谷浩樹,米川博之,福島啓文,佐々木徹,新橋渉,田中宏子,高橋俊二:中咽頭扁平上皮癌に対する放射線治療-治療効果と再発形式-.第37回頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
159.
神山亮介,川端一嘉,三谷浩樹,米川博之,福島啓文,佐々木徹,新橋渉,瀬戸陽,北野睦三,小泉雄,蛯名彩,小倉真理子,足立充隆,富樫孝文,福岡修:下咽頭喉頭全摘(TPL)・食道同時手術症例の臨床検討-術後合併症とその対策・予後について-.第37回頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
160.
白尾浩太郎,新橋渉,川端一嘉,三谷浩樹,米川博之,福島啓文,佐々木徹,瀬戸陽,北野睦三,小泉雄,神山亮介,蛯名彩,小倉真理子,足立充隆,富樫孝文:当科における下顎区域切除症例の臨床的検討.第37回頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
161.
北野睦三,佐々木徹,福岡修,富樫孝文,足立充隆,小倉真理子,蛯名彩,神山亮介,小泉雄,瀬戸陽,新橋渉,福島啓文,米川博之,三谷浩樹,川端一嘉:超音波断層法による頭頸部癌頸部リンパ節転移の診断の検討.第37回頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
162.
山田南星,福島啓文,志村英二,白尾浩太郎,足立充隆,蛯名彩,神山亮介,戸田和寿,小泉雄,瀬戸陽,新橋渉,佐々木徹,米川博之,三谷浩樹,川端一嘉:当科における気管癌の臨床的検討.第37回頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
163.
小倉真理子,新橋渉,川端一嘉,三谷浩樹,米川博之,福島啓文,佐々木徹,瀬戸陽,北野睦三,小泉雄,神山亮介,蛯名彩,足立充隆,佐藤由紀子:嗅神経芽細胞腫における臨床病理学的検討.第37回頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
164.
木村幸紀,柳澤昭夫,山本智理子,川端一嘉,三谷浩樹,米川博之,福島啓文,佐々木徹,新橋渉,瀬戸陽,北野睦三,小泉勇:Stage I・II筋層浸潤舌扁平上皮癌200例の後発転移と予後.第37回頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
165.
小泉雄,福島啓文,三谷浩樹,米川博之,佐々木徹,新橋渉,瀬戸陽,北野睦三,神山亮介,蛯名彩,足立充隆,小倉真理子,佐藤由紀子,川端一嘉:硬口蓋に発生した腺様嚢胞癌の治療経験.第37回頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
166.
蛯名彩,福島啓文,川端一嘉,三谷浩樹,米川博之,佐々木徹,新橋渉,佐藤由紀子,田中宏子:全身転移を来した副咽頭間隙多形腺腫の1例.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
167.
福島啓文,川端一嘉,三谷浩樹,米川博之,佐々木徹,新橋渉,瀬戸陽,北野睦三,神山亮介,蛯名彩,小倉真理子,富樫孝文,福岡修,志村英二,日高竜太,山田南星:Provox2を用いた気管食道シャント発声の過緊張症例の検討.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
168.
新橋渉,川端一嘉,三谷浩樹,米川博之,福島啓文,佐々木徹,瀬戸陽,北野睦三,戸田和寿,神山亮介,蛯名彩,小倉真理子,富樫孝文,福岡修,志村英二,日高竜太,山田南星:中咽頭癌におけるHPV感染と臨床病理組織学的検討.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
169.
北野睦三,川端一嘉,三谷浩樹,米川博之,福島啓文,佐々木徹,新橋渉,瀬戸陽,戸田和寿,神山亮介,蛯名彩,小倉真理子,富樫孝文,福岡修,志村英二,日高竜太,山田南星:眼瞼脂腺癌の所属リンパ節転移の制御.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
170.
佐々木徹,川端一嘉,三谷浩樹,米川博之,福島啓文,新橋渉,瀬戸陽,北野睦三,神山亮介,蛯名彩,小倉真理子,富樫孝文,福岡修,志村英二,日高竜太,山田南星:鼻副鼻腔腺様嚢胞癌症例の検討.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
171.
佐々木徹,川端一嘉,三谷浩樹,米川博之,福島啓文,新橋渉,瀬戸陽,北野睦三,小泉雄,神山亮介,蛯名彩,足立充隆,富樫孝文,福岡修,志村英二:唾液腺癌の診断と治療up-to-date 顎下腺癌の治療.第37回頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
172.
別府武,濱畑淳盛,白倉聡,畑中章生,岡崎雅,服部夏子,得丸貴夫,藤川太郎,山田雅人,齋藤喬:当科における下顎区域切除症例の検討.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
173.
別府武,白倉聡,畑中章生,岡崎雅,得丸貴夫,藤川太郎,山田雅人:埼玉県立がんセンター頭頸部外科新体制に向けての整備.第24回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年7月.
174.
別府武,白倉聡,畑中章生,岡崎雅,得丸貴夫,藤川太郎,山田雅人:頸部郭清術における手術器具選択.埼玉県頭頸部癌手術懇話会 川越,2013年9月.
175.
別府武:頭頸部癌患者の摂食・嚥下障害.第2回がんと栄養を考える会 川越,2013年10月.
176.
岡崎雅,服部夏子,畑中章生,白倉聡,別府武:当初原発不明癌と考えられた進行甲状腺がんの1例.第2回埼玉県頭頸部腫瘍セミナー 大宮,2013年4月.
177.
岡崎雅,白倉聡,畑中章生,服部夏子,別府武:喉頭癌根治照射後再発例に対して喉頭全摘を施行した症例の検討.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
178.
濱畑淳盛,別府武,白倉聡,畑中章生,斎藤喬,櫻井裕:肩甲下動脈系連合皮弁と口唇switch-flapを用いた口唇・頬部欠損を含む下顎再建の検討.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
179.
濱畑淳盛,斎藤喬,白倉聡,畑中章生,八木原一博,別府武,櫻井裕之:舌癌術後再建例における舌圧の検討.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
180.
白倉聡,別府武,畑中章生,岡崎雅,得丸貴夫,藤川太郎,山田雅人:多発肺転移により診断された若年者の甲状腺乳頭癌両側頸部咽後リンパ節転移症例.第19回北関東頭頸部腫瘍研究会 大宮,2013年10月.
181.
大久保悠,齋藤吉弘,川原正寛,牛島弘毅,楮本智子,別府武,白倉聡,畑中章生,岡崎雅,西嶌渡:耳下腺癌術後に予防的頸部リンパ節照射は必要か?.第26回日本放射線腫瘍学会総会・学術講演会 青森,2013年11月.
182.
増淵達夫,鎌田信悦:ベッセルシーリングシステムを使用した頭頸部手術.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
ページの先頭へ

研究助成金

1.
文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B)「難聴症例のミトコンドリア遺伝子変異の網羅的解析法確立と内耳細胞内の変異定量解析」課題番号 21390459 研究代表者 喜多村健.
2.
文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B)「聴覚受容体遺伝子の機能解析および難聴モデルマウスの作製」課題番号 23390399 分担研究者 喜多村健.
3.
厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業)「前庭水管拡大症の臨床所見と遺伝子変異解析に基づく新診断基準作成」:課題番号1211501 研究代表者 喜多村健.
4.
厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)「急性高度難聴に関する調査研究」:課題番号2212150 分担研究者 喜多村健.
5.
厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)「遺伝性難聴および外耳、中耳、内耳奇形に関する調査研究」:課題番号2241209 分担研究者 喜多村健.
6.
文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B)「頭蓋底外科における低侵襲かつ安全な頭蓋顔面アプローチ法の確立に関する研究」課題番号 23390394 主任研究者 岸本誠司.
7.
重粒子線癌治療臨床研究班頭頸部腫瘍臨床研究.分担研究者 岸本誠司.
8.
平成25年度内視鏡医学研究振興財団研究助成B「研究テーマ/下咽頭早期癌に対する内視鏡下経口的下咽頭部分切除術の有用性と安全性の検討」主任研究者 杉本太郎.
9.
文部科学省研究費補助金 基盤研究(C)「老人性難聴発症の分子機構を規制するmiRNA・標的遺伝子群の同定」:課題番号 25462629 研究代表者 野口佳裕.
10.
文部科学省研究費補助金 基盤研究(B)「聴覚受容体遺伝子の機能解析および難聴モデルマウスの作製」:課題番号 23390399 研究分担者 野口佳裕.
11.
文部科学省研究費補助金 基盤研究(B)「ヒト加齢性難聴モデルマウスの遺伝的発症要因の網羅的スクリーニングとヒトへの応用」:課題番号 23300160 研究分担者 野口佳裕.
12.
文部科学省研究費補助金 基盤研究(B)「難聴症例のミトコンドリア遺伝子変異の網羅的解析法確立と内耳細胞内の変異定量解析」:課題番号 21390459 研究分担者 野口佳裕.
13.
厚生労働科学研究費補助金「遺伝学的検査の実施拠点の在り方に関する研究」:課題番号 H25—難治等(難)-一般-030,研究分担者 野口佳裕.
14.
文部科学省科学研究費助成金 若手研究(B):「アレルギー性鼻炎の発症・増悪における骨髄環境の関連性の解明」:課題番号 24791755 研究代表者 鈴木康弘.
15.
文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B):「老人性難聴の分子病理学的解析~蝸牛外側組織に焦点を当てて~」:課題番号 23791953 研究代表者 木村百合香.
16.
平成25年度東京都福祉保健局難病専門研究:「重症嚥下障害患者における喉頭閉鎖術のQOL改善度の評価」:木村百合香
17.
文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B)「老化現象としての加齢性難聴に対するミトコンドリアDNAの変異及び多型解析」:課題番号 80469965 研究代表者 加藤智史.
18.
文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B)「創始者効果に着目した優性遺伝性難聴遺伝子解析法の確立」:課題番号 24791754 研究代表者 西尾綾子.
19.
文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B):「耳石欠損マウスによる耳石形成・吸収メカニズムの解明」:課題番号 24791756 研究代表者 本田圭司.
20.
厚生労働科学研究費補助金 22 -3次がん- 一般-033 江角班 研究分担者 全田貞幹.
21.
平成25年度がん研究開発費 久保田班 分担研究者 全田貞幹.
22.
平成25年度がん研究開発費 23-A-26:「中咽頭扁平上皮癌における治療後機能評価(喉頭機能温存手術、化学放射線同時併用療法)」主任研究者 別府武.
23.
平成25年度厚生労働科学研究費補助金「手術手技の最適化による標準治療確立のための多施設共同研究」小菅班.分担研究者 別府武.
24.
平成25年度厚生労働科学研究費補助金「頭頸部外科領域における手術手技の開発と標準化」林班.分担研究者 別府武.
ページの先頭へ

その他(講演,座長)

1.
喜多村健:特別講演 診療ガイドラインに基づいた急性中耳炎、急性副鼻腔炎診療.日本耳鼻咽喉科学会高知県地方部会総会並びに講演会 高知,2013年4月.
2.
喜多村健:特別講演II 座長「花粉症診療update」大久保公裕.第12回御茶ノ水アレルギー研究会学術講演会 東京,2013年1月.
3.
喜多村健:IV臨床セミナー 学術講演 司会「外リンパ瘻の臨床」池園哲郎.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
4.
Kitamura K: Chair. Implantable bone conduction hearing aids. 20th IFOS World Congress. Seoul Korea, June 2013.
5.
Kitamura K: Moderators. Inner ear/vestibular. 13th Triennial Meeting of the International Otopathology Society. Boston USA, June 2013.
6.
喜多村健:第2群:聴覚障害2.座長.第58回日本聴覚医学会総会・学術講演会 松本,2013年10月.
7.
Kitamura K: Chairman. Vestibular research. 29th Politzer Society Meeting, Antalya Turkey, Nov 2013.
8.
Kitamura K: Moderator. Round table 5. Third window. 29th Politzer Society Meeting, Antalya Turkey, Nov 2013.
9.
Kitamura K: Moderator. Round table 8. Congenital risk factors in sensorineural hearing loss and autoimmune hearing loss. 29th Politzer Society Meeting, Antalya Turkey, Nov 2013.
10.
Kitamura K: Moderator. Scientific section 4. The 12th Taiwan-Japan Conference on Otolaryngology-Head and Neck surgery. Taipei Taiwan, Dec 2013.
11.
岸本誠司:特別講演「頸部郭清術の歴史と新展開」第98回日本耳鼻咽喉科学会静岡県地方部会 静岡,2013年4月.
12.
岸本誠司:司会:ランチョンセミナー「頭頸部癌に対する分子標的薬の適正な使用」田原信.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
13.
岸本誠司:司会:シンポジウム「頸部郭清術の新展開」.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
14.
岸本誠司:司会:ランチョンセミナー「分子標的薬を用いた実臨床とその管理」田原信.第37回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 東京,2013年6月.
15.
岸本誠司:司会:特別企画:頭蓋底外科の歴史と将来展望-手術手技の軽傷,頭蓋底外科医の育て方-.第25回日本頭蓋底外科学会総会・学術講演会 名古屋,2013年6月.
16.
岸本誠司:教育セミナー:上咽頭癌と扁平上皮癌以外の悪性腫瘍「扁平上皮癌以外の悪性腫瘍 手術の立場から」.第4回日本頭頸部癌学会教育セミナー 東京,2013年6月.
17.
岸本誠司:特別講演:頭蓋底腫瘍に対するCraniofacial approach.第2回脳神経外科Up To Date学術講演会 筑波,2013年6月.
18.
岸本誠司:司会:特別講演 田原信「分子標的薬Cetuximab(アービタックス)について」.頭頸部癌分子標的薬治療勉強会 東京,2013年8月.
19.
岸本誠司:司会:パネルディスカッション「咽頭癌診断・治療のパラダイムシフト」.第26回日本口腔咽頭科学会総会・学術講演会 名古屋,2013年9月.
20.
岸本誠司:大学院特別講義「頭蓋底外科」.京都府立医科大学 京都,2013年9月.
21.
岸本誠司:司会:シンポジウム「咽頭・食道癌の内視鏡手術」.第65回日本気管食道科学会総会・学術講演会 東京,2013年11月.
22.
岸本誠司:シンポジウム「小児固形悪性腫瘍の外科的治療」頭頸部の小児肉腫に対する外科治療.第55回日本小児血液・がん学会 福岡,2013年11月.
23.
岸本誠司:特別講演「頭蓋底外科」.第10回京都大学頭蓋底セミナー 京都,2013年12月.
24.
Kishimoto S: Moderator. Panel Discussion "Management of Advanced Oropharyngeal Cancer". 20th IFOS World Congress 2013, Seoul Korea, June 2013.
25.
Kishimoto S: Chairman: Symposium-Oncology. The 8th Interrnational Symposium on Tonsils and Mucosal Barriers of the Upper Airways (ISTMB), Zurich Switzerland, July 2013.
26.
角田篤信,喜多村健,岸本誠司:公募インストラクションコース:耳および側頭骨解剖の効果的な指導~ティール法検体を用いて~.第23回日本耳科学会総会・学術講演会 宮崎,2013年11月.
27.
杉本太郎:ランチョンセミナー:咽喉頭表在がんの内視鏡下治療.第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 札幌,2013年5月.
28.
野口佳裕:第29群 遺伝子臨床2.座長.第23回日本耳科学会総会・学術講演会 宮崎,2013年11月.
29.
野口佳裕:第14群 補聴7.座長.第58回日本聴覚医学会総会・学術講演会 松本,2013年10月.
30.
角卓郎:セッションII 座長.第5回本郷・湯島医学フォーラム 東京,2013年3月.
31.
角卓郎:第IV群 座長.第25回御茶の水耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究会 東京,2013年12月.
32.
鈴木康弘:特別講演 当科アレルギー副鼻腔専門外来の生い立ち~最近の知見も含めて~. 葛飾区耳鼻咽喉科医会集談会 東京,2013年2月.
33.
鈴木康弘:社内レクチャー アレルギー性鼻炎領域の最新の知見.サノフィ株式会社 東京,2013年2月.
34.
鈴木康弘:社内招聘勉強会 アレルギー性鼻炎に関する診断と治療の実際.日本新薬株式会社 東京,2013年3月.
35.
鈴木康弘:一般講演 座長 「Allergic night 2nd」東京,2013年9月.
36.
坂本恵:突発性難聴~もし朝起きて片耳が聞こえにくくなっていたら?~ 石心会健康塾 さいたま,2013年4月.
ページの先頭へ

その他(メディア,執筆,受賞)

1.
喜多村健:シリーズ感染症プライマリケア vol.43.小児急性中耳炎の診断・治療.Medical Tribune, 2013年4月18日.
2.
喜多村健:監修 医療機関に行く前に「めまい」.NHKテレビテキスト きょうの健康,2013年9月21日.
3.
岸本誠司:インターネット-Gooヘルスケア「喉頭がんの検査」監修,2013年3月5日.
4.
岸本誠司:サンケイスポーツ Dr. サンスポ 予防できるがん.2013年3月30日.
5.
岸本誠司:がんサポート「がん相談QA 口腔がん」、123巻114-115頁,2013年6月.
6.
岸本誠司:きょうの健康「声のかすれ」2013年6月号127頁.
7.
岸本誠司:テレビ朝日 たけしの家庭の医学「顎関節巨細胞腫」2013年月6月25日放映.
8.
岸本誠司:Astellas Square 2013年8-9月号 12-13頁 No.51. がん患者さんとともに 15 がん治療後の患者さんを診るために-喉頭がん治療後のフォローアップ-.
9.
岸本誠司:NHKきょうの健康 健康ダイアリー2014年版. 「気になるのどの症状」P141,主婦と生活社 東京,2013年.
10.
岸本誠司:がんサポート「がん相談QA 口腔がん」128巻110-111頁,2013年11月.
11.
岸本誠司:からころ 30号,KKネグジット総研,2013年9月.
12.
岸本誠司:日刊ゲンダイ「がん治療最前線」下咽頭がんの新手術法.2013年12月19日.
13.
岸本誠司:よく分かる医療最前線 第33回 口腔の最新治療 その2 口腔がん・咽喉頭がん.
14.
木村百合香:からだの質問箱「慢性中耳炎」読売新聞,2013年9月.
15.
Kimura Y: Travel Award, 13th International Otopathology Society.
16.
大野十央:第24回日本頭蓋底外科学会優秀論文賞.論文名:The approaches and outcomes of skull base surgery for pediatric sarcoma after initial therapy.掲載誌:Auris Nasus Larynx 2011: 38(2): 208-14.
17.
山田雅人:第25回日本頭蓋底外科学会優秀論文賞受賞 : Yamada M, Tsunoda A, Hagino K, Aoyagi M, Kawano Y, Yano T, Tanaka K, Kishimoto S: Surgical management of large juvenile nasopharyngeal angiofibroma invading the infratemporal fossa with intracranial extradural parasellar involvement in an 8-year-old boy. Auris Nasus Larynx 39(3): 341-4, 2013に掲載.
18.
全田貞幹:がん治療学会 研究奨励賞受賞
ページの先頭へ