頭頸部外科大学院概要

概要

頭頸部領域の特徴は呼吸、食事、発声、会話といった生活に大事な役割を担っていることと、衣服におおい隠されず外観に晒されていることです。ここに腫瘍ができると、腫瘍そのものの影響や治療のために、先に挙げた大事な役割が損なわれ、容貌の変化が目立ってきます。
一方、頭蓋底とは顔と脳の境の領域で、この領域は顔の奥深い場所にあり非常に複雑な構造をしている上に重要な神経や血管が数多く走行しています。そのため頭蓋底腫瘍を手術により摘出することは非常に難しく重い後遺症を残す危険性があります。私たち頭頸部外科では、治療効果を高めかつ後遺症を少なくするために、頭蓋底の臨床解剖とそれに基づいた新しい術式の開発、様々な非侵襲的治療法および手術器具の開発、頭頸部癌の新しい診断法などに関する研究を進めています。

研究・教育について

1.研究

頭頸部外科の大きなテーマは、機能と形態を考慮した頭頸部(悪性)腫瘍の治療です。以下の研究テーマに取り組んでいます。

顔面深部・頭蓋底手術における新しいアプローチ法の開発
頭蓋底外科のための臨床解剖
頭頸部癌の頸部リンパ節転移に対する標準的治療法の確立
副咽頭間隙腫瘍の外科的治療法の検討
頭蓋底腫瘍に対するナビゲーション手術
中下咽頭表在癌の診断と治療
新しい頭頸部用デジタル内視鏡の開発
3D実体モデルの頭蓋底手術への臨床応用
頭頸部癌におけるヒトパピローマウィルスの研究
頭頸部領域の骨病変の走査電子顕微鏡による解析

以上の研究のいくつかはスタッフの指導の下に学内の2名の大学院生が取り組んでいます。
さらに、学外の様々ながん専門病院に勤務する5名の社会人大学院生はそれぞれ所属する病院において豊富な臨床データをもとにした研究テーマに取り組んでいます。

これらの研究成果は国内のみならず国際的にも評価されており、海外からの研究生の受け入れも行っています。これらの成果は直ちに頭蓋底外科、小児頭頸部悪性腫瘍の手術、頭頸部悪性腫瘍の治療、口腔咽喉頭表在癌の経口腔的手術に臨床応用されています。


2.教育

1)
医学部学生は、主として頭頸部腫瘍の診断と治療について,その概念から最新の知見に至るまでを横断的に指導しています。担当講師は本教室のスタッフのみならず,学内他科あるいは学外の臨床病院の第一線で頭頸部腫瘍の治療に携わる医師を講師として招いて、様々な治療法や考え方を学ぶことを特徴としています。
2)
臨床研修医の教育は、まず耳鼻咽喉科頭頸部外科全般を学ぶことを勧めています。学内および関連病院における実地医療を通して外来診療から手術に至るまでを学ぶ一方で、さらに一年目から積極的に研究、学会発表を行い、論文作成をするよう指導しています。がん専門病院との交流も盛んであり、豊富な症例を背景に高度な臨床経験を積むことが可能です。

卒後5年目に耳鼻咽喉科専門医、さらにその2年後に頭頸部がん専門医の資格を取得することを目標としています。


業績1

頭蓋底外科の新しい手術法の開発

1)H Koda, A Tsunoda, H Iida, K Akita, S Kishimoto: Facial dismasking approach for removal of tumors in the craniofacial region Laryngoscope 117(9):1533-1538,2007.

2)T Sumi, A Tsunoda, S Shirakura, S Kishimoto:Partial maxillary swing approach for removal of the tumors in the retromaxillary area. Auris Nasus Larynx 36:567–570,2009.

3)S Kishimoto, A Tsunoda, H Koda:Nasal downward swing approach coupled with the facial dismasking flap. Auris Nasus Larynx 37(2):217-219, 2010.

4)Ohno K, Tsunoda A, Shirakura S,Takahashi N, Kishimoto S: The approaches and outcomes of skull base surgery for the pediatric sarcoma after the initial therapy. Auris Nasus Larynx 38(2):208-214, 2011.

5)T Yano, K Tanaka, S Kishimoto, H Iida, M Okazaki: Reliability of and Indications for Pericranial Flaps in Anterior Skull Base Reconstruction. J Craniofacial Surgery 22(2):482-485,2011.

6)M Yamada, A Tsunoda, K Hagino, M Aoyagi, Y Kawano, T Yano, K Tanaka, S Kishimoto: Surgical management of large juvenile nasopharyngeal angiofibroma invading the infratemporal fossa with intracranial extradural parasellar involvement in an 8-year-old boy. Auris Nasus Larynx39(3):341-344,2012.

7)T Yano, K Tanaka, S Kishimoto, H Iida, M Okazaki: Review of skull base reconstruction using locoregional flaps and free flaps in children and adolescents. Skull Base, 21:359-365,2011

8)T Yano, M Okazaki, K Tanaka, H Iida, M Aoyagi, A Tsunoda, S Kishimoto: A new concept for classifying skull base defects for reconstructive surgery. Journal of Neurological Surgery—Part B2:125-131,2012.

9)T Yano, M Okazaki, K Tanaka, H Iida, M Aoyagi, A Tsunoda, S Kishimoto: A new classification concept for classifying skull base defects for reconstructive surgery. J Neurological Surgery-PartB Skull Base 73: 125-131 2012.


業績2

頭蓋底の解剖

1)A Tsunoda, T Sumi, S Shirakura, S Kishimoto, K Akita:Bony eminence on the middle cranial fossa corresponding to the temporomandibular joint. Clinical Anatomy 20:512-515, 2007.

2)T Sumi, A Tsunoda, S Shirakura, S Kishimoto:Mechanical obstruction of the Eustachian tube by the benign tumor of the parapharyngeal space does not cause otitis media with effusion. Otology & Neurotology 28:1072-1075, 2007.

3)S. Shirakura, A.Tsunoda, K. Akita, T. Sumi, M. Suzuki, S. Kishimoto: Parapharyngeal space tumors: Anatomical and image analysis findings Auris Nasus Larynx 37(5):621-625,2010.

4)K Hagino, A Tsunoda, R Tsunoda, S Kishimoto: Measurement of the Facial Nerve Caliber in Facial Palsy: Implications for Facial Nerve Decompression. Otology & Neurotology 32:686-689,2011.

5)S Ariyasathitman, A Tsunoda, T Tokumaru, K Kishimoto: Ultrastructual morphology of juvenile psammoma. Auris Nasus Larynx 39:314-316,2012.


業績3

頭頸部表在癌の診断

1)T. Ugumori, M. Muto, R. Hayashi, T. Hayashi, S. Kishimoto: Prospective study of early detection of pharyngeal superficial carcinoma with the narrowband imaging. laryngoscope. Head & Neck 31(2):189-194, 2009.

2)T Hayashi, M Muto, R Hayashi, K Minashi, T Yano, S Kishimoto, S Ebihara: Usefulness of Narrow Band Imaging for detecting the primary tumor site in patients with primary unknown cervical lymph node metastasis. JJCO 40(6):537-541,2010.

3)S Nakaminato, Toriihara, Makino, Kawano,S Kishimoto, H Shibuya: Prevalence of esophage al cancer during the pretreatment of hypopharyngeal cancer patients: routinely performed esophagogastroduodenoscopy and FDG-PET/CT findings. Acta Oncologica 51(5):645-652,2012.


業績4

頭頸部癌の陽子線治療

1) S Zenda, R Kohno, M Kawashima,S Arahira, T Nishio, M Tahara, R Hayashi, S Kishimoto, T Ogino: Proton beam therapy for unresectable malignancies of the nasal cavity and paranasal sinuses. Int J Radiat Oncol Biol Phys 81:1437-1438, 2011.

頭頸部外科学

教授:朝蔭孝宏
講師:有泉陽介
助教:清川佑介、野村文敬

TEL: 03-5803-5913 FAX: 03-5803-0215

ページの先頭へ